ー ツバル離島の暮らし 
 ビデオライブ・トーク・写真展のご案内


 ● 「ツバル離島の暮らし」出張ビデオライブ・トーク・写真展
― どこへでも参りまっせ! ―

  お友達の小さな集まりから、サークル、学校や団体・カフェ・レストラン…あらゆる場に、たくさんのビデオ・写真・離島のござ・草スカートなどひっさげて出向きます。

  ビデオは、離島の海と森の狩猟採集と自給の暮らしの中で時々撮った無編集のそのまんま。
皆さんの質問を受けてナツが語りながら見ます。マスメディアを通すものとは違う、双方向で創る場です。

 みなさんと、日本の都市とは違う世界の人々の生き方・価値観のことを語りたいー。また、なぜわたしがこれら離島に通い続けているか、語りたい。

 ツバル離島ビデオライブやトーク・写真展開催をご希望の個人・団体・お店の方。
またツバルに関しての共同作業・資料・情報・ツバル語講座などを求められている方は、お電話、またはおハガキください。(メールアドレスのご案内から変更しました。)

 電話:075-712-6867
郵便:〒606-0943 左京区松ヶ崎東町30-1 もんでん奈津代



―以下は、過去のツバルビデオライブのチラシと、写真展のネット広報です。―
ご参考にしてください。


   




 ● 「ツバル離島の暮らし」写真展 Part1 ● 

 2004年に初めて離島に飛びこんだ私たち母娘を、両手で受けいれてくれた島の家族たち。
そして2005年、2006年。ただ、海で、森で、ともに食べ物をとる毎日の、その輝き。
 ―そこに、あなたなら何を見て、何を感じるでしょう。


 ところ :
    京都 エイコンズ・ビレッジ
 
黒豆コーヒー・ハーブティーなどをおいしく飲みながら、何かを見つける、心の情報のギャラリー&カフェです。
 地図はこちら。
( 北大路×今宮門前東。船岡山。)

 期間 : 2月22日(月)
           ―28日(日)
       午後1時〜6時
(ただし24(水)・26(金)はお休み)

  
 27日(土)はナツもいます。
   おしゃべりしてください。


硬くて棘だらけのファラの葉を何百枚も
なめして、屋根を葺きます。

―リセかあちゃん―
 椰子の葉でかごを編むと、
「腰が痛むよ。」とボヤいた。

(リセは2009年1月没。)
―キエの葉を赤く染める―
 今日もテアギナとシエニは
島の噂話をしながら、
ござや草スカートを飾る赤を
ノニの根っこから作る。
―プラカ芋畑―
 シロおじの畑に堆肥を埋めた。
大きく育てば、
島の祭りに出すのだ。

    ―テクアの結婚式―
 歌を歌いながら、島のまん中を行進する。
わたし(右端)も花嫁のつきそいだ。




ご連絡をお待ちしております。
− ファカフェタイ・ラシラシ。 (どうも、ありがとうございます。) −